Kyoto International Photo Showcase 2011

日本語

Updated: Our group photo exhibition in Kyoto went very well. It was great meeting people and explaining about our pictures and work. Thank you to all who came to see us.

Photos of the exhibition here:
http://photoguide.jp/pix/thumbnails.php?album=833

Exhibition details:
PhotoGuide Japan organized a group photo exhibition in Kyoto held on Nov. 16-20, 2011 at the Kyoto International Community House in Kyoto, near Keage Station (5 min. by Tozai Line subway from Yamashina Station). The exhibition room was open from noon to 7 pm (till 5:30 pm on the 20th). We had a gathering on Nov. 19 (Sat.) at 5 pm – 7 pm and on Nov. 20 (Sun.) at 4 pm – 5:30 pm when the public was invited to meet the artists. Free admission.

The theme was “Home Sweet Hometown.” Many of us foreigners in Japan have lived here for so long that Japan has become our second hometown. We love our hometowns in Japan so much that we often photograph it. We shared some images of our beloved hometowns.

Featured Artists
Micah Gampel: “My Furukiyoki” self-portraits with friends in Kyoto. Very amusing collection of prints.
Peter Macintosh: Huge mural of Kyoto geisha photos taken over the past 10 years.
Motoyasu Matsutani: Pretty pictures of Kyoto.
Peter Miller: Copperplate photogravures of furusato scenes in Japan such as Shirakawa-go and Kamakura.
Philbert Ono: Introduction of Shiga’s hometown song, Lake Biwa Rowing Song. (Biwako Shuko no Uta) created by Kyoto University Rowing Club members in 1917.
Bruce Osborn: Maibara (Shiga Prefecture) Oyako (Parent-child) portraits taken in the four seasons.
John Wells: Mixed media (oil painting, sumie painting, etc.) of Kyoto scenes/objects.

KIPS 2011日本語 

The Japan Times inserted a nice announcement for our show in the Nov. 13, 2011 issue:

The Japan Times, Nov. 13, 2011, page 2 (National News)

Kyoto International Photo Showcase 2011


English here

「写真での国際交流」のためにPhotoGuide Japanが一般公開の国際写真展を開催しました。近畿・関東地方の7名の写真家(外国人6名、日本人一名)が「古き良き故郷」というテーマで京都市の京都国際交流会館(Kyoto International Community House)の展示室で2011年11月16日〜11月20日に開催しました。来場者へ感謝しております。

写真展の写真はここ:
http://photoguide.jp/pix/thumbnails.php?album=833 

イベント名称: Kyoto International Photo Showcase 2011 (KIPS 2011)

種別: 写真展、ギャラリートーク(すべて一般公開、入場無料)
開催期間: 写真展:2011年11月16日(水)~20日(日)
時間:12:00~19:00(最終日17:30まで)

出展者: マイカ・ガンペルピーター・マッキントッシュピーター・ミラーオノ・フィルバートブルース・オズボーン松谷大慶ジョン・ウェルズ

写真展のテーマ:「古き良き故郷」
6人の外国人写真家と1人の日本人写真家によるグループ写真展です。写真家は近畿・関東在 住の方々です。写真展のテーマは「古き良き故郷」。外国人の私たちは元々外国の故郷がありますが、日本に 長く住んでいるため、もうすっかり日本が第二の故郷になってしまいました。写真家として、この第二の故郷 を愛して様々に撮ってきました。家族、友人、場所、物、自然、風景、歌など故郷の要素は多数あります。 日本での故郷への愛情を写真で表現しております。

写真展の内容:マイカ・ガンペル:友人とセルフ・ポートラート
ピーター・マッキントッシュ:京都の芸子・舞子
ピーター・ミラー:フォトグラビュールの銅版画(日本の故郷シリーズ;白川御、鎌倉など)
オノ・フィルバート:「琵琶湖周航の歌」英語版
ブルース・オズボーン:滋賀県米原市の親子ポートレート
松谷大慶:美しい京都の風景、人物
ジョン・ウェルズ:絵画

スライドトーク:11月19日(土)17:00~19:00、11月20日(日)16:00~17:30(展示室内)

会場: 京都市国際交流会館内の姉妹都市展示室
住所: 京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1
Tel:  (075) 752-3010
(地図ここ)

主催: PhotoGuide Japan
後援: 財団法人 京都市国際交流協会

問い合わせ先: philbert@photojpn.org

KIPS 2011

The Japan Times, Nov. 13, 2011, page 2 (National News)

最新の写真・ビデオ: 2008年5月分

今回の更新は北海道の洞爺湖を中心にしました。7月に開催されるG8北海道洞爺湖サミットの記念です。約900点の北海道の写真をアップしました。GW中に行って桜と梅がほぼ同時に咲いていました。洞爺湖周辺は沢山の観光名所があります。

Lake Toya, Hokkaido
G8 Hokkaido Toyako Summit
Toyako Onsen Spa
Eastern Lake Toya
Northern Lake Toya
Yokozuna Kitanoumi Memorial Hall
Mt. Showa-Shinzan and Usuzan
Nishiyama Craters
Sobetsu Park
Lake Toya Boat Cruise
JR Toya Station

Date, Hokkaido
Date Rekishi no Mori
Biodiesel Fuel Production

Sapporo, Hokkaido
Hitsujigaoka Observation Hill
Former Hokkaido Government Office
Sapporo Clock Tower
Sapporo Station
Sapporo Ekimae-dori
Odori Park & TV Tower
New Chitose Airport

Otaru, Hokkaido
Otaru Canal
Central Otaru
Nippon Yusen Kaisha
Mt. Akaiwa

Tsukiji Fish Market, Tokyo
Tomioka Hachimangu Shrine, Tokyo
Mt. Mikami, Yasu, Shiga
Tale of Genji Millenium, Otsu
Torahime, Shiga

新刊:The Companies We Keep 2

ハワイでベストセラーとなっている本「The Companies We Keep 2」に私が撮った札幌雪まつりの写真が記事付きで掲載されました。

ハワイのいろいろな面白い人物、会社、名所などを多数の記事で紹介しています。たとえば、マリリンモンローがハワイへ訪問した話し、有名なホテルやお店の裏話など。私の写真は雪像のイオラニ宮殿を紹介してます。
http://photoguide.jp/pix/displayimage.php?album=248&pid=37552
http://photoguide.jp/pix/displayimage.php?album=248&pid=37553

本のHP:
http://www.companieswekeep.com/companies2_alt.html

地元新聞記事:
http://starbulletin.com/2007/12/30/business/story01.html

ISBN: 978-0972450416
Book

最新の写真: 2007年11月分

ハワイと日本、僕の二つの祖国。この仲のいい関係を写真と英文記事のシリーズで記念したいと思います。

ハワイと日本の関係は1881年以降に凄まじい展開となりました。ハワイ国王と明治天皇の会見、日本人の移民、日系人の活躍、観光客の到来、そして1990年代から国内にフラやハワイの文化が大人気でシニアから若者まで習っています。なんという最高な関係。とても嬉しい。

Hokule’a in Yokohama
Hokule’a Canoe Tour

Robert Walker Irwin
-ハワイの大使
Ikaho Hawaiian Festival
– 伊香保温泉
Hula in Hawaii
Cazimeros in Japan

Making Yokaichi Giant Kite
Taga Taisha Lantern Festival
Yokaichi Giant Kite Festival 2007
Rowing Lake Biwa
Kyoto Gion Matsuri Yoiyama
T. Enami

写真年鑑 2007

昨年にも日本カメラ社が出版しましたが、今年も2007年版が出て嬉しかった。

全国の写真ギャラリー・博物館や写真賞の一覧、昨年の写真賞の受賞作品、昨年の写真関係の年表、写真団体の名簿、と有名写真家の名簿があります。国内の写真愛好者の不可欠な参考本。素晴らしいです。

この2007年版にはなんと英語解説もある。3ページの英字だけですが、無いよりまし。その英語の質も高い。英語を担当した会社は東京都写真美術館の図録の英文化も担当している。そのアメリカ人社長は私の古い知人。「PhotoGuide Japanをよく参考にしていますよ」と何回も言われたことあります。あとギャラリー・博物館名簿の英文化もしてくれると最高。
http://www.nippon-camera.com/list.php?dt=442

PSJを退会しました

日本写真協会(Photographic Society of Japan)の長年の会員でしたが、2006年を最後にして退会しました。

毎年発行されている「日本写真年報」(Japan Photo Almanac)を希望して年会費を払っていましたが、2006年から日本カメラ社が「写真年鑑」(2800円)を発行されたため、PSJの写真年報の必要性がなくなりました。

あと、PSJは毎年にほとんど同じパータンでやっていてあまり変化(新鮮さ)が見れない。他の会員と知り合う機会が少ない。今まだHPの英語版もない。外国人の会員も片手で数えるほどです。「写真を通じて国際親善の推進」と言ってるけどね。理事たちも高齢ですし、次世代の若者が入っていない。このままずっと続くだろう。